新聞って本当に必要だと思いますか

新聞をとっていたときは新聞は生活には欠かせないものだと思っていました。新聞を読むことで勉強になるからです。

時々子供が新聞紙を学校に持って行かなくてはいけないときもあるし、掃除で使えるし新聞って便利だなと思っていました。

去年まではそんな理由で新聞をとっていましたが、今年に入って新聞をとるのをやめました。

我が家で新聞を読んでいたのは私だけということと、新聞についているチラシが見たかったということ、新聞の後片付けが面倒くさくなった、新聞代を節約したくなったというのが、理由です。

新聞をやめて見て思ったのが、新聞がなくても全く困らないということでした。

まず、ニュースはスマホさえあればいくらでも見ることができます。活字を読まなくなってしまったので、その代わりに図書館で本を借りるようにして活字に触れる生活は今まで通りにするようにしました。チラシもスマホのアプリで今まで入ってこなかったチラシまで見放題です。新聞の後片付けがなくなったので、古紙回収の日を気にしなくてよくなったし、新聞の置き場のスペースがあいたのはよかったことです。

新聞をやめて月に4000円の節約になったので助かっています。節約は固定費の見直しからといいますがその通りだと思います。食費で4000円の節約って大変ですからね。

ただ、小学生の息子が新聞を読みたいと言うことがあるので、将来はまた新聞をとるかもしれません。今は新聞をとるのをやめてよかったです。