ジェネリック医薬品を利用する

私たちは通常、健康を第一に考えて生活しているでしょう。

もし仕事で働いている場合でも体調が悪いとすぐ医者に診てもらえます。

しかし、そこで問題なのは薬局で支払うお薬の代金です。

ただでさえ、3割負担あるいは1割負担なのに、診察料金より高額なケースが多いです。

また、特に難しい病気を発症した場合、何十万、何百万円というお金が動きます。

それほど、日本の医療費が赤字を計上しているなかで画期的な節約方法があります。

それは、ジェネリック医薬品を利用することです。

ジェネリック医薬品とは、もともと発売されていた薬の特許期限が切れた場合に、

他社の医薬品メーカーが同じ成分で作ることを許可され発売される後発薬のことです。

ジェネリックというと不安になりがちですが、薬の単価がとても安くなります。

具体的には、6割程度になることが一般的で、半額以下になるケースもあります。

特に、大塚製薬が開発したエビリファイというメンタル面での不調を治す薬では、

1錠の単価が300円を越えていたのに対しジェネリックでは100円弱で済ますことが可能です。

このジェネリック医薬品のおかげでエビリファイを利用していた患者の負担額が、

半額くらい値下がりしたことが話題にもなりました。

ジェネリックは将来の日本の医療制度に欠かせない存在と思います。