節約と貯蓄で大切なこと

もし貴方がお金を貯めたいと思うなら、「はじめに予算を決めて守ること」これが大事です。というより、これだけでお金は貯まります。他には何も必要ありません。

レシートを取っておいて貼りつけたり、封筒に一週間分の予算を入れておいたり、細かい費目をすべて家計簿に記入したり、節約して貯蓄するために様々な方法があげられています。ですが実は、そのどれを実践すれば成功するかは、やってみないと分かりません。すべて試してみても上手く行かずに諦めてしまうことも考えられます。なぜなら、これらは「予算を決めて守るための”手段”」だからです。

上手く行かずに諦めてしまう人は、節約や貯蓄が下手な人なのでしょうか。いいえ、違います。その人は、節約や貯蓄をするために、この方法を選んでやってみたということを、忘れてしまっただけなのです。あるいは、節約や貯蓄をするには、この方法でないといけないと勘違いしただけなのです。とにかく予算を決めて守れれば、お金は貯まるのです。もちろん、予算を決めた時点で赤字になりそうだと言うことであれば、収入を増やす必要があるのですが。

節約し貯蓄したいなら、まずは必ず使う家賃や公共料金の金額を計算し、自分が使えるお金を決めましょう。このとき、貯蓄額も決めてしまいます。あとは予算を守るだけです。このとき、自分が誘惑に負けたり突発的に入り用になったりした場合に備える”予備費”を作っておくと、節約と貯蓄がよりスムーズにできますよ。お試しあれ。

ぐうたら主婦が節約するには。

昔から、ぐうたら気質の私はお金についてもかなりアバウトでした。結婚するまでは貯金や節約について考えた事は一度もありませんでした。

結婚して、子供ができて家を建てて初めてお金について真剣に考えるようになりました。

まず家を建てる時も、ほぼ貯金がなかったので頭金などは払えず結局フルローンでの支払いになり、ローンが始まってからは

かなりカツカツな経済状況になってしまいました。

そこで、このままではダメだ!と思い立ち、今の状況をノートに書きだして現状を把握することから始めました!

月ごとの収入と支出、年間の税金の支出などを全て書き出したら、ビックリ!

毎月かなりの赤字でした!そこで、保険の見直しや無駄に使っているお金を削り、毎月使えるお金をしっかり決めてやりくりする事にしました!

携帯の家計簿アプリをダウンロードし、毎日きちんと収支をつけるようにすると、無駄に使っているお金を把握することができました!

カードのリボ払い分などがあったので、まずは貯金よりも借金を返して借金をゼロにする土台作りをはじめ、

やっと来月くらいから少しですが貯金ができそうなところまできました。

お金についてしっかり考えはじめるとペットボトルは買わない!とか、外食は極力しない!などなど無駄使いも減ってきました。

これからも将来に備えるべくしっかり節約して貯金しようと思います!

かしこく節約して、1000万円ためよう!!

私が今までしてきた、節約術を紹介したいと思います。

私たちは、子供ができるまで共働きでしたので、全くといっていいほど、節約していませんでした。しかし、子供ができ、私が専業主婦になってから節約の大切さを知り、

始めることにしました。

一番初めに行ったことは、すぐに降ろせる貯金を、すべて、貯蓄型の保険にいれました。いくら銀行にあっても、すぐにおろせると思って、使うことを防止するためです。しかも、何年間たたないと、元本割れする保険にいれました。そうすることで、あるだけのお金で生活していかないといけないので、必然的に無駄使いはなくなりました。

次に、工場直売会などの安く販売してくれるところをインターネットで探しました。直売会だけあって、今まで買っていた価格の半額くらいで買えます。節約前は、疲れたら外食していたのですが、直売会などで、餃子やチャーハンを安く買っていたため、外食の頻度をおさえることができました。同様に、スーパーのオープンセールなどもよく行きます。オープンセールは、かなり安く、良い商品が手に入るためお勧めです。

あとは、できるだけお風呂は家族全員で入るようにしました。こうすることで、ガス代、水道代あわせて、月1500円くらい節約することができました。