消耗品は賢くお得にゲットするべき

私は最近貯蓄を習慣として始めてみました。

基本的にあればあるだけ使ってしまう性格なので、口座を一つ増やして、必要な経費以外はそこに入れるという、貯金専用の口座を作りました。

そのため、どれくらい貯金できているのかがすぐに分かるようになり、貯蓄に対しての意識を強くするきっかけとなりました。

そして、少しでも多く蓄えを作れるようにと思って見直してみたのが、消耗品の購入です。

つい忙しい時だと、立ち寄った所でまとめて必要なものを買う、という方法をとっていたんですが、お店によってこの商品ならここの方が安いというのは違うと気付きました。

特売日などもありますし、そこを把握することで、消耗品などどうしても必要なものに関しては費用を削ることができるのではないかと考え始めました。

やや面倒に感じる時はありますが、無駄なく買い物ができたと思うと強い達成感があります。

また、私は視力が良くないのでコンタクトが必須なんですが、ネット通販で買っています。

私の使っているサイトでは毎月9のつく日はポイント10倍というキャンペーンを行っているので、そのタイミングで買えば、商品の10%還元、というお得な買い方をすることができます。

一つ一つは小さな節約ですが、これが積もれば大きな貯蓄に繋がりますよね。

地道な節約が大きな節約に!

一人暮らしでの節約を考えたときに、一番に考えるべきなのは固定費の圧縮です。一般的な固定費といえば、家賃・駐車場代・光熱費・通信費(携帯やインターネット)・保険料などだと思います。私の場合は、家賃・駐車場代は減らすことが出来なかったので、そのほかのものから手をつけていきました。

光熱費はプランの見直し+使用量の削減。通信費も、スマートフォンがあればパソコンでのインターネットは不要と判断し解約。スマートフォンのプランも変更。自動車保険も代理店に相談してプランの変更。これで毎月の固定費が平均5000円ほど減りました。また、次に考えたのが食費・雑費の節約です。これらに関しては、まず自分が何にどれくらい使っているのかを詳細に把握するために支出を細かく記録しました。そこから、私は食費にかける金額が多いことがわかりました。出来るだけ自炊する、安いスーパーを探す、コンビニは使わない、財布に余計なお金は入れない、お菓子は買わず職場での差し入れだけにする、お弁当持参する、などなど…いろいろやれることはやったつもりです。おかげで、節約を意識し始めてから食費は3割ほど減りました。

雑費は、主に娯楽費や交際費・服飾費でしたが、購入頻度を低くするように心がけました。例えば、ヘアサロンやネイルサロンに行くのを月1回から1.5ヶ月に1回にするとか。無理はしなくとも、そういった地道な努力で、確実に節約につながると思います。