お金が貯まると大きな出費が発生してしまう我が家

毎月少しずつ定額積み立てをしていました。

大きな金額ではありませんが、満期になったら壊れた家電などを買い替える予定で、ようやく満期を迎えたところでした。

しかし、そのタイミングで不幸事があり、積み立てのお金は、そのまま香典などにスライド…。

家電の買い替えは急ぐものではなかったため、また見送りとなってしまいました。とても残念でなりません。

どういうわけだか、いつも、積み立てや、定期預金の満期を迎えると、当初の予定とは異なる臨時出費が発生して、お金を使うことになってしまいます。

他の家庭については分かりませんが、我が家に関しては、まとまったお金が出来ると、大きな出費が発生してしまうようです。

これまで何度、同じことを繰り返してきたことか。

お金がないときは、ないなりに出費も少なく過ごせているのです。大きな出費が発生するのは、お金が貯まった時だけ。衝動買いをしているわけでもありません。本当に不思議で仕方ありません。

残念ながら積み立てのお金はゼロになってしまいました。

また来月から、新しく積み立てて、今度こそ欲しかった家電を手に入れることが出来たらいいな、と考えています。

そのためにも、今まで以上にしっかりと節約をして、がんばるつもりでいます。

毎日の出費の見直し

私は3年ほど前、会社の人事異動により営業職から事務職に配転となり年収が下がってしまいました。初めのうちは、大きく生活スタイルを変えることもなく、それまでと同じ水準で生活をしていました。

しかし、同じ水準で生活を送っていると、月々の出費が収入を上回ることも多くなり、これではまずいと思い節約を始めることにしました。

まず取り掛かったのは、昼食代の節約です。節約前までは、会社近くの定食屋で食事をすることが多く、毎日7,800円ほどの出費をしていました。

これをやめ、できるだけ自宅で弁当を作ってもっていくようにし、弁当を持っていけなかったときはコンビニでおにぎりやパンを購入し出費をなるべく減らすように心がけるようにしました。それだけで、月々1万円ほどの節約になっています。

もうひとつ、気をつけているのは飲み会の誘いを断る機会を作るようにしました。

これまでは、誘われたら都合がつかないとき以外は全て参加するようにしていました。仕事の付き合いもあるので、無下に断ることはなかなか出来ませんが、1ヶ月単位で飲みに誘われる機会が多いときなどは、お断りすることにしました。断りすぎると誘われなくなるので、行くときと断るときのバランスが難しいですが、厳しいときは上手く断るようにしています。

これにより、お金のことを何も考えることなく過ごしていたときより出費が半分くらいになりました。将来への蓄えもしたいので今後も無理のないように続けていくつもりです。