食費を節約するために

毎月の生活費の中で何が節約できるのか?というとてっとり早いのは食費です。

食費には2タイプの物があると考えられます。1つは通常価格が下がらないもの。もう1つは日によって価格の下がるもの、いわゆる生鮮食品がほとんどこれにあたります。

食費を節約するためにこの2タイプを上手に利用して買い物をします。

この2タイプの利用の他にもう1つまとめ買いをするということも常に頭に置いておきます。できれば週1回の買い物がベストです。何故なら何度も足を運ぶと何かしらお買い得な物もあったりして買い物をしてしまう場合があるからです。買うものによっては良い場合ももちろんあります。

ではまず通常価格の下がらないものは、お店によって良くある割引デーを利用します。5%引きといえども軽んじてはいけないのです。節約をするためには1円たりとも高い物を買わないという強い気持ちが大切です。この割引デーに通常では価格の下がらないもので、近々に必ず必要なもの、生鮮食品ではない物の割引デーに価格が下がっているもので必要なものを買います。

次に生鮮食品です。生鮮食品は夕方になると割引が始まります。最終的には50%まで下がるものがほとんどなので、そのチャンスを待って買い物をします。

こうして1ヶ月買い物が終わった時にはかなりの節約ができているのです。